CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
#ENTRIES
#CATEGORIES
#ARCHIVES
#RECOMMEND
#PROFILE
#LINKS
#OTHERS
 
 
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
#良書紹介


この度、尖閣諸島文献資料編纂会により「尖閣研究」が出されました。
「尖閣研究」は2007年、2010年に続いての第3号となります。

今回は大型本から普通サイズとなり、
中身も誰でも読んで興味を持ってもらえる内容で、
是非とも皆さんに読んで頂きたい一冊です。




◎表紙の写真の説明文

表紙写真
1979年 沖縄開発庁による尖閣諸島総合調査
旧古賀村跡に設営された魚釣島ベースキャンプ
手前に見えるのは明治期に開鑿された掘割(船着場)
              (新納義馬 1979.5)



◎目次は以下の通りです。


尖閣諸島周辺略図

犠蓮\躋媾島の自然と生物相
 1.自然と生物相の概要…………………………1
   各論 ゝ釣島 ∨名島 F郛島
   げ尾島 ダ嵌島
   尖閣諸島の生物相の特徴

 2.魚釣島のヤギ食害と植生被害……………30
   2−1.問題点と課題
 3.南北小島のアホウドリ……………………44
   3−1.問題点と課題

蕎蓮\躋媾島の学術調査の歴史と成果

 1.学術調査の概要……………………………53
   学術調査の概略史
   主な学術調査の概要

 2.問題点と課題………………………………67
   学術調査の再開、実施について
   調査研究成果の社会への還元について
   採集標本・写真画像資料の収集・整理・保管に
   ついて

珪蓮\鐐梓沖縄の新聞に見る尖閣諸島および
   古賀辰四郎について………………………77

絃蓮\躋媾島海域における漁業の概要
 1.戦後の概要
   終戦〜復帰………………………………131
   復帰後〜現在……………………………151

2.問題点と課題………………………………182
  尖閣漁業の基本資料の整備について
  尖閣漁業の振興について

江蓮\躋媾島に関わる情報資源の活用
 1.先島3市町への聞き取り調査
   郷土教育への活用について……………195
   観光振興への活用について……………206
   産業(漁業)振興について……………216

詐蓮〇楮樹立へ向けて 一試案提言と事例紹介他−
 1.総合利用推進のためのシステム試案…227
 2.石垣市の「尖閣諸島開拓の歴史と自然展」に
   ついて……………………………………236
 3.尖閣諸島写真画像資料の収集・整理・刊行事業
   について…………………………………244
 4.図解:戦後における尖閣諸島南小島周辺での
   鰹節製造…………………………………253
5.新技術による尖閣諸島における避難港の建設
   ……………………………………………269




◎はしがき

 研究目的と研究概要

 沖縄県と尖閣諸島との関わりは120年余の歴史を有し、古賀氏による開拓、沖縄漁民による漁場開発利用、学術調査団による島の自然・生物相の解明、等々なされ、大きな成果が積み上げられている。尖閣諸島に関わる斯かる歴史的体験、知見、研究成果は、貴重な情報資源である。
 本研究の目的は、これら情報資源を、本県の地域振興、将来施策に活用すると共に、尖閣諸島の総合利用開発を推進する方策樹立に資することにある。
 該目的に基づき、犠呂蓮崟躋媾島の自然と生物相」の特性を述べ、魚釣島のヤギ食害とアホウドリの2点について、現状の問題点と解決への課題を提起した。
 蕎呂蓮◆崟躋媾島の学術調査の歴史と成果」について1979年以降、総合学術調査が中断したままであり、斯かる学術調査再開、さらに過去の学術調査の研究成果の社会への還元、等々の問題点と課題を言及した。
 珪呂蓮∪躋媾島の開拓の歴史に関わる「戦前期沖縄の新聞に見る尖閣諸島および古賀辰四郎」から、戦前沖縄における尖閣諸島及び同島開拓者古賀氏の具体像を浮き彫りにし、本県との歴史的関わりの一端を概観した。
 絃呂蓮◆崟躋媾島海域における漁業の概要」について、1終戦、2復帰後〜現在の尖閣漁業のあらましを述べ、現在衰頽している間題点と課題を提起した。
 機銑絃呂棒垢蕕譴討い詁睛討狼重な情報資源である。
 江呂蓮◆崟躋媾島に問わる情報資源の活用」として先島3市町関係者に対し、ゞ軌蕁↓観光、5業(産業)振興への活用について聞き取り調査し、調査結果をとりまとめた。
 尖閣諸島に関してはこれまで国が主体だった。今後は、真に本県の振興に資するには、地元沖縄県が率先して、尖閣諸島について総合利用の基本計画を策定し、主導・推進していく必要がある。斯かる観点から、詐呂痢峪楮樹立に向けて─試案提言と事例紹介他」では、「1.総合利用開発推進のためのシステム試案、2.石垣市の『尖閣諸島開拓の歴史と自然展』、3.尖閣諸島写真画像資料の収集・整理・刊行事業について、4.図解:戦前における尖閣諸島南小島周辺での鰹節製造、5.新技術による尖閣諸島における避難港の建設」を紹介した。




_____________________________________________

閣研究」の注文先

 

  「尖閣研究」の注文先は以下の通りです。
是非この書に込められた熱意をくみ取って頂き、
買い求められて、尖閣諸島問題を考える一助になされて下さい。





「尖閣研究」

値段 1200円

発行:尖閣諸島文献資料編纂会

住所:住所沖縄県那覇市大道40番地

FAX :098−884−1958
 


尖閣の自然 comments(0) trackbacks(0)
#浮萍(ふれん)
地學雑誌・第12輯、第140巻−478頁

黒岩恒・「尖閣列島探檢記事」  



○日本水路誌第二巻に曰く
   ホアピンス島(釣魚嶼)
西表島の北方凡そ八十八里にあり○この島の南側最高處(一、一八一咫)より西北に向へる方は、削斷せし如き觀を呈す○此島に淡水の絶ゆることなきは諸天然池に淡水魚の育成せるを以て知るべし而して此池は皆海と連絡し、水面には浮萍一面に茂生す○島の北面は北緯二五度四七分七秒、東經一二三度三〇分三〇秒に位す○此島は六七名の人を支ふるにも不十分にして人居の跡なし、
尖閣の自然 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |