CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
#ENTRIES
#CATEGORIES
#ARCHIVES
#RECOMMEND
#PROFILE
#LINKS
#OTHERS
 
 
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
#トピック 知られぎる 沖縄切手発行裏ばなし

 


トピック 知られぎる  沖縄切手発行裏ばなし

“尖閣諸島切手”発行顛末記

−略−

 ◇幻の鳥・アホウドリを描く切手

 沖縄返還の約1ヵ月前、美しい沖縄の海を描いた「海洋シリーズ」(上)が、立て続けに発行されました。沖縄在住で、尖問諸島の歴史を研究調査している国吉真古(くによしまさふる)さんは、第3集の「海鳥」を見て、あることに気づきます。どこの島とも記述はないものの、その断崖の様子から、直感的に尖問諸島とカツオドリを描いたのではないだろうか…と考えたのです。
 ところが、切手の原画を担当した安次富長昭(あしとみちょうしょう)画伯に確認したところ、「いゃ、あれはアホウドリですよ」という驚くべき返答がありました。実は、この切手発行の前年、絶滅が危惧され、日本では鳥島(伊豆諸島)のみに生息するアホウドリが、尖開諸島で確認されていたのです。沖縄の海にアホウドリならば、この島は尖閣諸島以外にはありえません。


[写真]
切手原画作者 安次富長昭(あしとみちょうしょう)


[写真]
アホウドリの剥製制作者  友利哲夫(ともりてつお)




琉球郵政庁郵券課長(当時) 浜元暁男(はまもとあきお)




  ◇剥製と写裏をモデルに作画

 琉球郵政庁は安次富氏へ、描く鳥は「アホウドリなり」と注文をつけます。しかし、珍鳥であるため、画伯も実物を見たことがありません。そこで、渡嘉敷真球(とかしきしんきゅう)前郵政庁長自らが、アトリエにアホウドリの剥製(左ページ)を届けにきました。
 このアホウドリは、今も沖縄の本部(もとぶ)町立博物館に保存されています。剥製を作ったのは、ヤンバルクイナの発見者で、鳥剥製作りの名人だった友利哲夫館長(元名護高校教諭)。これはワタリアホウドリといい、本来は日本にはいない種類。たまたま遠洋漁船の船員が捕獲したものですが、切手の参考モデルとなりました。
 ただ、センカク諸島で“生息”しているのはクロアシアホウドリ、翼を休めていたのはアホウドリです。そこで、琉大調査団から写真を借りたり詳しい説明を受けて、青い海と険阻な断崖、そして、空を飛翔し岩場で戯れるアホウドリたちのイメージが完成したのだそうです。

 

  ◇琉球郵政人の心意気

 さらに国吉さんは、当時の琉球郵政庁郵券課長・浜元暁男氏を訪ねます。浜元さんは、切手発行に伴う日米両政府のクレーム処理も担当していました。
 琉球郵政最後の切手「切手趣味週問(嘉瓶・ゆしびん)」に、“Fina Issue”と世界に例のない付記をしたり、人気の切手発行数を増やすよう建言したりと、情熱家で剛胆だった浜元氏は、横やりさえ受けなければ大丈夫だと、首脳幹部のみの機密プロジェクトで発行を計画。第3集「海鳥」だけでなく、第1集「夕陽と島」でも別の目論見を抱いていました。
 原画写真を撮るならば、岩骨怪巌の魚釣島の雄姿が望ましい。海上に突き出た島影だけでは、どこの島かは判らない…と、原画技官を2週間の出張に出したのです。しかし、天候不順で尖閣諸島までたどり着かず、やむなく第1集は「慶良問の海と島」が題材となりました。
 沖縄返還を前に、日米両政府とも緊張状態だった当時。特に米政府は、当初の返還協定で尖閣諸島を含めることを渋ったこともあり、状況は非常に緊迫したものでした。
 そこから、国吉さんは“当時の郵政人の尖閣にかける想い”を感じています。一般的な『海と海鳥と島』として巧みに企画を進め、琉球郵政庁が権限を持っている間に尖閣諸島を現した切手を発行することは、彼らの心意気であり悲願だったのではないだろうか…と。 (文責・編集部)


[協力:尖閣諸島文献資料編纂会/國吉真古/参考資料:「尖闇研究」】]

切手を楽しむ雑誌 「郵趣」☆2011年9月号6・7頁




ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ引用終わりロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ


こういう話を読むとやはりじーんと来る。
見えないところで多くの人が頑張ってくれてきた。
そのことによって私たちが支えられ今の生活を出来ている。
それが日本という形を成す根元のものである。

国家とは権力機関のことではない
それは政府のことである。
我が国で言う国家とは家が付くことでも明らかなように大きな家のこと。
一つ一つの家族を越えた大きな家のこと。

国民と国民が対立する西洋式の国家ではなく、一人一人が家族の一員であることにプライドをもって全力で自分の与えられた仕事を達成する。そうであればこそ憎しみではなく愛を闘争ではなく創造を人生の基本となす事ができる。











そう実感する。
この詳細は<尖閣諸島文献資料編纂会>のホームページに詳しい。


- comments(0) trackbacks(0)
#スポンサーサイト
- - -
#Comment



#Trackback
この記事のトラックバックURL: http://senkakushizen.jugem.jp/trackback/16
<< NEW | TOP | OLD>>